• HOME
  • 外国人との離婚

外国人との離婚

fg.jpg   外国人と国際結婚をした日本人が外国人配偶者と離婚をする場合、日本人同士の夫婦のように、当然に日本の法律に従い、日本の裁判所で手続きができるとは限りません。

この場合、どちらの国の法律に従うのか、という「準拠法の問題」と、どちらの国で裁判をするのか、という「国際裁判管轄の問題」が生じますので、それぞれ検討を要します。
 

準拠法の問題について

日本では、「法の適用に関する通則法」により、以下のとおりの取り扱いとなります。
夫婦の本国法が同一であるときはその共通の本国法による
共通の本国法がないときは夫婦共通の常居所地(相当な期間居住している地)法による
共通の常居所地法もないときは夫婦に密接な関係のある地の法による
ただし、夫婦の一方が日本に常居所を有する日本人であるときは日本法による
 
したがって、日本に常居所を有する日本人が、外国人配偶者と離婚をする場合は、④により、日本法によることになります。

そして、日本法によることになれば、日本法で認められている協議離婚の方法で離婚をすることもできることになります。ただし、外国人配偶者の本国において、協議離婚の方法が認められていなければ、その本国においては、離婚とは取り扱われないことになります。この場合、外国人配偶者の本国において、別途、離婚が認められる方法をとる必要があるケースも考えられます。
 

国際裁判管轄の問題について

次に、日本法で認められている調停離婚、裁判離婚等ができるかどうかは、国際裁判管轄の問題によることになります。

国際裁判管轄については、法律はありませんが、最高裁判所の判例により、原則として、被告の住所地国が裁判管轄を有しますが、例外的に、①原告が遺棄された場合(被告が原告を置いて国外に行ってしまった場合等)、②被告が行方不明の場合、③その他これに準ずる場合は、原告の住所地国が裁判管轄を有することになります。

したがって、外国人配偶者の住所地が日本である場合や前述の例外事由に該当する場合は、日本の裁判所において手続きをすることができ、調停離婚、裁判離婚等が可能となります。
離婚調停3.jpg

外国人配偶者との離婚の問題は、日本の法律だけで解決できるものではなく、外国人配偶者の本国法等との関係も問題になり、容易には判断できないことが多いです。ここで触れた他にも、子どもの親権、養育費、財産分与、慰謝料等についても、日本人同士の夫婦の離婚とは異なる問題があります。

外国人配偶者との離婚の問題でお悩みでしたら、ご相談いただければと思います。必要に応じて調査の上で、アドバイスをさせていただきます。

まずはお気軽にお電話下さい!

離婚に関する相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい。

どんな些細なお悩みでもお伺い致します。お気軽にご相談下さい!

※お電話での法律相談は行っておりません。お電話はご予約のみとさせて頂いておりますので、予めご了承下さいませ。

●はじめての方へ
●ご相談の流れ
●離婚でおさえる8つのポイント
●弁護士紹介
●弁護士費用
●アクセスマップ

仙台市の弁護士への離婚問題のお問い合わせ お気に入りに追加する お問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い

 

不倫・浮気バナー.png

 

mailsoudan.png

ImgLSCD_2.jpg

isha banar.png

dv banar.png

養育費の未払い問題相談票ダウンロード

Contents menu

Office

Access Map対応エリア
■仙台市(青葉区、宮城地区、宮城野区、若林区、太白区、泉区)■石巻市 ■塩竈市 ■白石市■名取市■角田市■多賀城市■岩沼市 ■登米市 ■栗原市■東松島市
■大崎市 ■富谷市 


高橋善由記法律事務所

ImgLS2_5.jpg
Google+

宮城県仙台市青葉区北目町2番39号 東北中心ビル8階A室
TEL:0120-657-687
(受付時間:平日9:00~18:00 相談時間:平日9:00~17:30 夜間相談:火曜日18:00~20:00)
初めての方でも安心してご相談いただける地元宮城県仙台市の弁護士です。
Copyright (C) 2013 高橋善由記法律事務所 All Rights Reserved.