離婚問題と障害年金

離婚問題でお悩みの方の中には精神病をお持ちの方も多く、障害年金をもらえる可能性がある方がいらっしゃいます。そこで、当事務所では、ご希望の方には、障害年金のスペシャリストの社会保険労務士の先生をご紹介しております。

障害年金は公的な年金の1つです。事故や病気が原因で障害を持った方へ、国から年金が給付される制度です。障害年金をもらえるのは、原則20歳から65歳未満で、日常生活を送るのに何らかの支障がある方になります。例えば、うつ病や統合失調症に代表される精神病をお持ちの方、ペースメーカーや人工関節を体に入れた方、人工透析を受けている方などです。

障害年金には障害基礎年金と障害厚生(共済)年金の2つがあります。障害基礎年金は自営業か無職の方、障害厚生(共済)年金はサラリーマンや公務員の方がもらえる年金です。初診日にどの年金制度に加入していたかによって、申請する年金の種類が変わってきます。

当事務所が連携している社会保険労務士の池田清先生は、障害年金のスペシャリストとして、障害をお持ちの方のサポートにとても熱心に取り組んでいらっしゃいます。先生の取組みについては、当職も直接先生からお話をうかがいましたが、お困りの方をサポートしたいという先生の熱い思いを感じることができました。障害年金についてご相談になりたい方には、池田先生をご紹介いたしますので、おっしゃっていただければと思います。

 

宮城総合社労士事務所 所長 池田清様 プロフィール

ikeda12.png
事務所  宮城総合社労士事務所
所長  池田清
住所  〒981-1224
宮城県名取市増田4丁目3番34-101号
電話番号  022-797-1846
ホームページ  http://miyagisogo.com/

 

投稿者プロフィール

高橋 善由記
高橋 善由記
弁護士 仙台弁護士会所属
専門分野:離婚
経歴:仙台生まれ。仙台第一高等学校卒業後、上智大学文学部英文科に進学。卒業後、平成14年に弁護士登録。勅使河原協同法律事務所(仙台)を経て、平成24年に高橋善由記法律事務所を開業し、現在に至る。主に離婚問題の解決に従事し、相談者の抱えている問題に寄り添いながら最適な方法を提案し、新たな人生の始まりをサポートしている。