子どもの引渡し

IMG_28451.jpg   離婚前の別居中に勝手に相手に子どもを連れ去られた場合や、離婚後に勝手に相手に子どもを連れ去られた場合に、子どもの引渡しを求める方法は、以下のとおりです。

家庭裁判所に申し立てる方法

まず、家庭裁判所に、「子どもの監護に関する処分」として、子どもの引渡しを求める調停、審判を申し立てる方法があります。また、離婚訴訟を提起する際に、子どもの引渡しを求める方法もあります。
 
緊急性がある場合(例えば、連れ去った親による虐待がある場合など)には、審判前の保全処分
を申し立て、早急に子どもの引渡しを求める方法があります。
 

地方裁判所に申し立てる方法

一刻も早く子どもを取り戻したいという場合、地方裁判所に、人権保護請求をするという方法があります。人権保護請求は、正当な手続きによらないで拘束されている者の救済を求める手段ですが、請求があってから1週間以内を目処に審問が開かれ、相手側の行動に違法性があると認められると、子どもの引渡しを命じる判決が得られ、迅速に子どもを取り戻すことができます。
 
なお、最高裁判所は、別居中の夫婦間における子どもの引渡しについて、
離婚調停3.jpg
人身保護請求が認められる場合を制限する判決をしています。すなわち、離婚前の夫婦間では共同親権の状態にあるため、夫婦の一方による子どもの拘束に顕著な違法性があるというためには、拘束者(子どもを連れ去った親)が子どもを監護することが、請求者(子どもを連れ去られた親)による監護と比べて子どもの幸福に反することが明白でなければならないとしています。

そのため、別居中の夫婦間における子どもの引渡しについては、前述の家庭裁判所の審判前の保全処分の利用が多くなっているのです。

 

手続きの選択について

以上の家庭裁判所に申し立てる手続き、地方裁判所に申し立てる手続きのいずれを選択するかについては、具体的な状況を見ての判断が必要となりますし、専門的な知識も必要となりますので、早急に弁護士にご相談いただきたいと思います。なお、人身保護請求については、法律上、原則として弁護士を代理人として訴訟提起をしなければならないことになっています。
 
親権 事務所1.jpg
最後に、注意していただきたいことがあります。それは、実の親であっても、親権者や監護権者の承諾を得ないまま未成年の子どもを連れ去った場合、刑法224条の未成年略取、あるいは誘拐の罪に該当する可能性があるということです。自分が子どもを引き取りたいということであれば、きちんとした手続きをとるようにしてください。
 

離婚と子どもに関してはこちらもご覧下さい

●親権者 ●監護権について ●面会交流
●面会交流を拒否された場合の対応 ●親権者・監護権者の変更等 ●子どもの引渡し

まずはお気軽にお電話下さい!

離婚に関する相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい。

どんな些細なお悩みでもお伺い致します。お気軽にご相談下さい!

※お電話での法律相談は行っておりません。お電話はご予約のみとさせて頂いておりますので、予めご了承下さいませ。

●はじめての方へ
●ご相談の流れ
●離婚でおさえる8つのポイント
●弁護士紹介
●弁護士費用
●アクセスマップ

仙台市の弁護士への離婚問題のお問い合わせ お気に入りに追加する お問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い

 

不倫・浮気バナー.png

 

mailsoudan.png

ImgLSCD_2.jpg

isha banar.png

dv banar.png

養育費の未払い問題相談票ダウンロード

Contents menu

Office

Access Map対応エリア
■仙台市(青葉区、宮城地区、宮城野区、若林区、太白区、泉区)■石巻市 ■塩竈市 ■白石市■名取市■角田市■多賀城市■岩沼市 ■登米市 ■栗原市■東松島市
■大崎市 ■富谷市 


高橋善由記法律事務所

ImgLS2_5.jpg
Google+

宮城県仙台市青葉区北目町2番39号 東北中心ビル8階A室
TEL:0120-657-687
(受付時間:平日9:00~18:00 相談時間:平日9:00~17:30 夜間相談:火曜日18:00~20:00)
初めての方でも安心してご相談いただける地元宮城県仙台市の弁護士です。
Copyright (C) 2013 高橋善由記法律事務所 All Rights Reserved.