• HOME
  • 認知と養育費の問題

認知と養育費の問題

親権 事務所3.jpg子どもが生まれたときに、両親が婚姻中であれば、自動的に父子関係も認められます。夫婦が離婚するとき、養育費を取り決める必要があります。

しかし、結婚していないという場合は、生まれた子どもの養育費はどうなるのでしょうか。

 認知 

法律上の父がない子(母親が婚姻していない間に懐胎した子や、婚姻中の懐胎であっても夫が嫡出否認の申立をして夫と子の親子関係がないとされた場合の子)は、認知によって、法律上の父と子の親子関係が定まります。

 認知の種類

離婚調停5.png認知には任意認知や裁判による裁判認知(強制認知)と遺言認知があります。

任意認知は戸籍法による届出です。つまり認知届を役所に出すことによって認知となります。

裁判認知(強制認知)とは、父が認知届を提出してくれない場合に、裁判所が認めることで認知するというものです。
 
遺言認知は、認知は遺言によっても行うことができ、父親が自ら認めるという点で任意認知ではありますが、これは相続人の人数が変わるという重要な手続きです。

認知の問題

認知により親子となるので、扶養義務や相続権が発生します。

養育費の問題

法律的には、認知で『父子関係』が成立します。
 
養育費については、家庭裁判所では、原則として請求した時点以降からもらえることになります。過去に遡って請求することはできません。 
 
出生後からの養育費を受け取れるようにするため、当事務所では、依頼を受けるとすぐに相手方に対して、弁護士名で内容証明郵便により養育費を請求します。
 
また、養育費の額、支払い方法、期間等について、協議が整った場合、公証役場において公正証書を作成します。


相続権の問題

認知がなされると、子は「認知がされたときから」ではなく、「生まれたときから」父の子であったことになり、父の相続人となります。
 
法的な親子関係が認められるため、その子どもは、第一順位の相続権を取得します(民法900条1号)。
 
したがって、父親に現預金、不動産、株式等の相続財産があれば、原則としてその子どもは、相続することが可能となります。

 
離婚調停3.jpgのサムネール画像これは、父親が他の女性と結婚してその女性との間に子ども(「嫡出子」といいます。)がいる場合であっても同様です。

従来は、嫡出でない子の相続分は嫡出子の相続分の2分の1でしたが、最高裁から憲法違反と判断され、法改正があり、平成25年9月5日以後に開始した相続については、嫡出子と嫡出でない子の相続分が同等となりました。


fg.jpgなお、相手方に直接連絡を取りたくない場合や、相手方が認知に応じていない場合、弁護士が依頼者に代わって相手方に認知に応じるように交渉(説得)します。

弁護士という法律の専門家が直接交渉することで、相手方を説得できる可能性があります。
 
お一人で悩まず、当事務所の弁護士にお気軽にご相談ください。

>>養育費について、こちらをご覧ください。

 

まずはお気軽にお電話下さい!

離婚に関する相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい。

どんな些細なお悩みでもお伺い致します。お気軽にご相談下さい!

※お電話での法律相談は行っておりません。お電話はご予約のみとさせて頂いておりますので、予めご了承下さいませ。

●はじめての方へ
●ご相談の流れ
●離婚でおさえる8つのポイント
●弁護士紹介
●弁護士費用
●アクセスマップ

仙台市の弁護士への離婚問題のお問い合わせ お気に入りに追加する お問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い

 

不倫・浮気バナー.png

 

mailsoudan.png

ImgLSCD_2.jpg

isha banar.png

dv banar.png

養育費の未払い問題相談票ダウンロード

Contents menu

Office

Access Map対応エリア
■仙台市(青葉区、宮城地区、宮城野区、若林区、太白区、泉区)■石巻市 ■塩竈市 ■白石市■名取市■角田市■多賀城市■岩沼市 ■登米市 ■栗原市■東松島市
■大崎市 ■富谷市 


高橋善由記法律事務所

ImgLS2_5.jpg
Google+

宮城県仙台市青葉区北目町2番39号 東北中心ビル8階A室
TEL:0120-657-687
(受付時間:平日9:00~18:00 相談時間:平日9:00~17:30 夜間相談:火曜日18:00~20:00)
初めての方でも安心してご相談いただける地元宮城県仙台市の弁護士です。
Copyright (C) 2013 高橋善由記法律事務所 All Rights Reserved.