平成26年5月24日(土)に離婚無料相談会を開催いたしました。

弁護士コラム

IMG_9467.jpgのサムネール画像 平成26年5月24日(土)午前10時から午後5時まで、当事務所において離婚無料相談会を開催いたしました。今回もすべての枠にご予約をいただいて、6名の方からのご相談をお受けしました。
今回は、配偶者から離婚調停を申し立てられ、配偶者に代理人が付いており、既に何回か調停期日が開かれているという方が多くいらっしゃいました。それぞれお困りの点は異なりますが、配偶者に代理人が付いているということもあり、みなさまがご自分の考えを調停においてきちんと述べ、配偶者側と対等に協議をすることに難しさを感じてご相談にいらっしゃっていました。

多くの方が調停を初めて経験し、それだけでも対応が容易ではないのですが、更に配偶者にだけ代理人が付いていますと、法的知識の違いだけを考えても、対等に協議をすることは非常に困難であるといわざるを得ません。

また、双方に代理人が付いていますと、調停の期日間にもやり取りをするなどできるため、早期に解決に至ることが多いです。そのため、配偶者に代理人が付いている場合は、ご自身も代理人に委任することを検討していただいた方がよろしいでしょう。今回、ご相談からそのまま委任をいただいた方も何人かいらっしゃいました。

今回は、宮城県だけでなく、隣県からわざわざご相談にお越しいただいた方もいらっしゃいました。隣県の方からのご相談もお受けしておりますし、委任をいただく方もいらっしゃいますので、お越しいただくことが可能でしたら、当事務所でご相談をお受けいただければと思います。

次回の離婚無料相談会は、平成26年6月28日(土)となっております。毎回ご好評をいただいておりまして、今回のように予約の枠が埋まってしまうことも多いですので、離婚に関する問題でお悩みの方は、お早めにご予約ください。抱えておられる問題の解決への道筋をお示しいたします。
 

投稿者プロフィール

高橋 善由記
高橋 善由記
弁護士 仙台弁護士会所属
専門分野:離婚
経歴:仙台生まれ。仙台第一高等学校卒業後、上智大学文学部英文科に進学。卒業後、平成14年に弁護士登録。勅使河原協同法律事務所(仙台)を経て、平成24年に高橋善由記法律事務所を開業し、現在に至る。主に離婚問題の解決に従事し、相談者の抱えている問題に寄り添いながら最適な方法を提案し、新たな人生の始まりをサポートしている。