• HOME
  • 離婚を望まない場合について

離婚を望まない場合について

離婚1.jpg

配偶者から離婚の意思を告げられたが、自分は離婚を望まないので、どうすればよいかとのご相談を受けることがあります。

この場合、まずは、配偶者がどのような理由で離婚を考えているのかを把握する必要があります。その理由を聞いても、やはり自分は離婚を望まないということであれば、配偶者が離婚を考えている理由を踏まえて、配偶者との話し合いを試みることになります。配偶者と二人での話し合いが難しい場合は、どなたか信頼できる方に間に入ってもらって、話し合いをするという方法もあります。

それでも話し合いが難しい場合は、家庭裁判所に夫婦関係調整(円満調整)調停(円満調停)を申し立て、家庭裁判所において話し合いをするという方法があります。家庭裁判所における夫婦に関する調停というと、離婚調停をイメージしてしまうかもしれませんが、夫婦関係を円満にやり直すことを求めて調停を申し立てることもできるのです。離婚調停と円満調停は、いずれも夫婦関係調整調停に分類される調停になります。

調停では、主に調停委員が間に入って、話し合いが進められますが、配偶者がどのような点を問題にしているのかを調停委員を通じて把握した上で、その問題点を解消することができるのかといったことについて、話し合いをすることになります。夫婦間でやり直すことについて合意ができれば、どのようにしてやり直すのか、どのような点に注意するのかといった合意事項について、裁判所が調停条項にまとめることになります。

当事務所では、離婚を望まない場合の対応についても、ご相談をお受けすることができますし、必要であれば、ご依頼を受けて代理人として対応させていただくこともできますので、まずはご相談いただければと思います。
 

離婚届不受理申出について

一旦離婚届を記載したものの、よく考えたところ、やはり離婚したくないという場合でも、配偶者が離婚届をそのまま提出してしまうと、離婚届は受理されてしまいます。
離婚調停3.jpgのサムネール画像のサムネール画像
そこで、役所に対して離婚届を受理しないように申出をすることができます。これが離婚届不受理申出です。役所にある用紙に記載して申出をすることになりますが、有効期間が6か月となっていますので、必要があれば、6か月ごとに同じ申出をすることになります。
 

まずはお気軽にお電話下さい!

離婚に関する相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい。

どんな些細なお悩みでもお伺い致します。お気軽にご相談下さい!

※お電話での法律相談は行っておりません。お電話はご予約のみとさせて頂いておりますので、予めご了承下さいませ。

●はじめての方へ
●ご相談の流れ
●離婚でおさえる8つのポイント
●弁護士紹介
●弁護士費用
●アクセスマップ

仙台市の弁護士への離婚問題のお問い合わせ お気に入りに追加する お問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い

 

不倫・浮気バナー.png

 

mailsoudan.png

ImgLSCD_2.jpg

isha banar.png

dv banar.png

養育費の未払い問題相談票ダウンロード

Contents menu

Office

Access Map対応エリア
■仙台市(青葉区、宮城地区、宮城野区、若林区、太白区、泉区)■石巻市 ■塩竈市 ■白石市■名取市■角田市■多賀城市■岩沼市 ■登米市 ■栗原市■東松島市
■大崎市 ■富谷市 


高橋善由記法律事務所

ImgLS2_5.jpg
Google+

宮城県仙台市青葉区北目町2番39号 東北中心ビル8階A室
TEL:0120-657-687
(受付時間:平日9:00~18:00 相談時間:平日9:00~17:30 夜間相談:火曜日18:00~20:00)
初めての方でも安心してご相談いただける地元宮城県仙台市の弁護士です。
Copyright (C) 2013 高橋善由記法律事務所 All Rights Reserved.