• HOME
  • 離婚協議書作成の方法とポイント

離婚協議書作成の方法とポイント

IMG_2639.jpg   離婚協議書は、協議離婚に関する合意書ですので、後で争いにならないようにするために、離婚届に記入漏れがないようにすることに加え、これからご紹介する事項については必ず記載していただきたいと思います。


※ 離婚協議書は、あくまで協議離婚に関する合意書であるため、法的な執行力は伴いません。

そのため、お金に関する合意については、「債務を履行しないときは、直ちに強制執行を受けても
異議のないことを認諾する」という文言(強制執行認諾文言)付きの公正証書を公証人役場において作成することをお勧めいたします。

※また、ページ下部から離婚協議書の雛形をご用意しております。ご自由にダウンロードしていただき、協議書作成の参考にして下さい。

このような公正証書を作成しておけば、裁判を経ることなく直ちに強制執行を行うことができます。例えば離婚協議書において合意した慰謝料や財産分与、養育費が約束どおり支払われない場合、裁判を起こさなくとも、相手方の給与差押えを行なうこともできるようになるのです。

お金については特に争いになることが多いので、お金に関する合意については、必ず強制執行認諾文言付きの公正証書を作成していただきたいと思います。

 

離婚協議書の作成の方法(特に記載しておくべき事項)

お金について

①財産分与について
婚姻期間に夫婦が共同で築き上げた財産はすべて共有の財産となります。ただし、婚姻前や別居期間中の財産については、財産分与の対象となりません。


夫婦の共有財産を分けるという清算的意味合いを原則とした上で、どちらか一方だけが離婚後に苦しい生活を送ることがないようにするという扶養的意味合いや慰謝料としての意味合い等も考慮して、財産を分けることになります。

ここで気を付けなければならないのは、相手側が財産目録にはない財産を隠し持っているケースもあるということです。

財産分与について詳しくはこちらのページをご覧ください。>>>財産分与についてはこちら


②養育費について
お子様がいらっしゃる場合には、夫か妻のどちらかがお子様を引き取り、育てていくことになります。このとき、育てる側は相手方に対して養育費を請求することが可能です。子ども一人あたり月額3万円~5万円程度の養育費となることが多いですが、請求する側と請求される側の収入等を考慮して決めることになります。

養育費について詳しくはこちらのページをご覧ください。>>>養育費についてはこちら

③慰謝料について
よくテレビ番組などで離婚問題を取り扱う際に、大きく取り上げられるのが慰謝料の問題です。しかし、慰謝料は精神的苦痛を受けた場合に支払われるものであり、離婚において必ず発生するものではありません。この点、よく誤解されていることがあります。

例えば、離婚の原因が相手方の不貞行為、DVなどの酷い暴力というように、明らかに相手方に落ち度があり、酷い精神的苦痛を受けた場合には、慰謝料を請求することが可能です。
他方で、例えば、性格の不一致が原因で離婚する場合のように、明らかに一方に落ち度があるのではない場合には、慰謝料を請求することはできません。

また、慰謝料は財産分与に含まれるケースもありますので、その部分に関して明確に記載をしておくことが、後で争いにならないようにするためには重要です。

慰謝料について詳しくはこちらのページをご覧ください。>>>慰謝料についてはこちら

④年金分割について
合意分割(平成19年4月1日施行)、すなわち、夫と妻が年金分割をすること及び分割割合(按分割合)について合意すれば、離婚時に、婚姻期間の保険料納付実績を按分割合の限度を最大2分の1として分割できるという制度において、按分割合について合意が成立した場合には、その内容を書面にして署名押印したものについて、公証人役場で認証を受けるか、公正証書とする必要があります。

年金分割について詳しくはこちらのページをご覧ください。>>>年金分割についてはこちら

 

子どもについて

①親権者の決定
夫婦の間に未成年の子どもがいる場合、離婚後はどちらかの単独親権となるため、離婚後どちらを子どもの親権者にするか決めなければ離婚をすることはできません。

親権者の決定に際しては、何よりも、子どもの福祉(子どもの利益)を最大限考慮し、子どもの将来を最優先に、十分に考えて決めることが重要です。

親権者について詳しくはこちらのページをご覧ください。>>>親権についてはこちら

②監護権者の決定
監護権者とは、監護権を有する者であり、子どもを引き取って、子どもと生活をともにし、身の回りの世話をする人のことです。親権は監護権と財産管理権から構成されていますので、監護権者は、親権のうちの一部を有することになりますが、子どもの福祉(子どもの利益)を考えるならば、親権者が養育監護も行うことが原則といえます。

監護権者については、戸籍に記載されるわけではありませんので、後の争いを避けるために、必ず書面に記載しておくようにすべきです。

監護権について詳しくはこちらのページをご覧ください。>>>監護権についてはこちら

③面会交流について
離婚が成立した後、親権者や監護権者とならなかった親が、子どもと面会して一緒に時間を過ごしたり、電話や手紙で連絡を取ったりすることを面会交流といいます。そして、この権利のことを面会交流権といいます。

面会交流は、子どもが親と適切な関係性を築くことが、子どもの成長には必要であるという観点から行なわれるものです。つまり、自身の子どもに会いたいという欲求を満たすためだけではなく、子どもの目線で、子どもの成長を考えて行動することが重要になります。

面会交流について詳しくはこちらのページをご覧ください。>>>面会交流についてはこちら

離婚協議書の作成にあたっては、後で争いになるリスクを最小限にするために、細かな点であっても必ず記載するようにしてください。繰り返しになりますが、特に争いとなりやすいのは、お金に関する事項です。お金に関する事項について書面化する場合には、必ず強制執行認諾文言付きの公正証書を公証人役場で作成し、法的な執行力を持ち合わせた離婚協議書とすることをお勧めいたします。

当事務所では、離婚協議書の作成サポートも行なっておりますので、お気軽にご相談ください。また、ご自分で離婚協議書を作成される場合には、作成された離婚協議書をご相談の際にお持ちいただければ、内容等に問題がないかをアドバイスさせていただくことが可能です。

 

当事務所は、「離婚協議書診断サービス」を行っております。
≫≫詳しくは、こちらからどうぞ。
 

離婚協議書ダウンロード

こちらから離婚協議書の雛形をダウンロードしていただくことが出来ます。離婚協議書作成の参考にしてください。

 

離婚協議書ひな形.PNG

>>ワードファイルのダウンロードはこちら

 

>>PDFファイルのダウンロードはこちら

 


まずはお気軽にお電話下さい!

離婚に関する相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談下さい。

どんな些細なお悩みでもお伺い致します。お気軽にご相談下さい!

※お電話での法律相談は行っておりません。お電話はご予約のみとさせて頂いておりますので、予めご了承下さいませ。

●はじめての方へ
●ご相談の流れ
●離婚でおさえる8つのポイント
●弁護士紹介
●弁護士費用
●アクセスマップ

仙台市の弁護士への離婚問題のお問い合わせ お気に入りに追加する お問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い

 

不倫・浮気バナー.png

 

mailsoudan.png

ImgLSCD_2.jpg

isha banar.png

dv banar.png

養育費の未払い問題相談票ダウンロード

Contents menu

Office

Access Map対応エリア
■仙台市(青葉区、宮城地区、宮城野区、若林区、太白区、泉区)■石巻市 ■塩竈市 ■白石市■名取市■角田市■多賀城市■岩沼市 ■登米市 ■栗原市■東松島市
■大崎市 ■富谷市 


高橋善由記法律事務所

ImgLS2_5.jpg
Google+

宮城県仙台市青葉区北目町2番39号 東北中心ビル8階A室
TEL:0120-657-687
(受付時間:平日9:00~18:00 相談時間:平日9:00~17:30 夜間相談:火曜日18:00~20:00)
初めての方でも安心してご相談いただける地元宮城県仙台市の弁護士です。
Copyright (C) 2013 高橋善由記法律事務所 All Rights Reserved.